MRI(磁器共鳴装置)で太もものを見てみました。

下の写真を見てみると皆さん白いところが多いようですね。


(骨格筋など)自分の意思で動かせる筋肉・・・随意筋

(内臓など)自分の意思で動かせない筋肉・・・不随意筋


体温調節機能?血液循環作用?骨軟化を防ぐ?脂肪燃焼作用?


筋肉が衰えると日常生活に支障をきたし死に至ることもある

筋肉をつけると全部がムキムキになるわけでなく

痩せる筋肉もある今回、筋肉ダイエット法というものをご紹介いたします

スポーツ選手は、足腰を支えるために筋肉を鍛えることで筋肉がつきコルセット代わりになるのです。




■しなやかな筋肉を作る(How to make flexible muscles)

イカやタコってくねくねしてて筋肉がないようなイメージですが、

水族館とかテレビで見てたらわかるとおもうのですが、

イカやタコは、全体が平滑筋という筋肉でできてかなり泳ぐのが速く泳げます。





筋肉衰え度チェック

〆廼疥匹躓く-足のスネの筋肉(前腰骨筋)

△垢阿頬望鵑鬚弔い討靴泙-お腹と背中の筋肉(腹筋)(背筋)

座ると必ず足を組んでしまう-太ももの内側(内転筋)

づ甜屬陵匹譴妊丱薀鵐垢鯤すことがある-全身の筋肉のバランス

ゲ爾蟶笋鮃澆蠅襪箸に早足になってしまう-太ももの裏側の筋肉(大腿二頭筋)

Ε好淵奪菓子の袋を開けられないことがある-胸の筋肉と握力(大胸筋)(前腕筋)

立ち上がるとき必ず手をついてしまう-太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)


トレーニングをすれば筋肉は若いころの80%ほどまで回復する


■トレーニング方法

(筋が弱くなった人は、寝た状態で椅子に足を乗せて本を読んでいるような感じであごを引いて頭を浮かせる。

△菓子の袋を開けられなくなった人は、狭いところを見つけて例えばトイレに入って便器にすわり両壁を同時に両手で押してみる筋肉トレーニング方法もある。

2屡梢箸弱くなった人は、中腰で歯を磨いてみる

どちらせよ毎日行わなければ効果は出ない。

あなたの筋肉年齢は、衰えていませんか?



速筋(白筋)とは、瞬発力に優れた筋肉で魚といえばヒラメ

遅筋(赤筋)とは、持久力に優れた筋肉で魚といえばマグロ

たんぱく質とビタミンBが切れた筋繊維を補修する働きがある切れた筋繊維は補強され徐々に肥大していく

瞬間的に力を使う筋トレで速筋が鍛えられる

有酸素運動

血管に流れている脂肪と酸素が筋肉で燃焼する

いくら汗をかいても筋肉が動いていない限り脂肪は燃焼しないという。

脂肪は全身のめぐる血液中から取り出されるため部分的に脂肪を燃焼させることは不可能


脂肪の燃焼に最適な有酸素運動は、ウォーキングである。

たった20分で歩いた後は12時間程度脂肪が燃焼し続ける

基礎代謝

筋肉を細かく震わせることにより体温を保持する

ウォーキングは基礎代謝に適度な拍車をかけます







20代であれば時速7km30・40代だと時速5km50代になると時速4kmで十分。
トレーニングジム行ったら実践してね。


■食べ物も選ぼう!
たんぱく質とビタミンB群が豊富である豚肉・豆腐が筋肉に最適です






マッサージは同じところ丹念に揉みほぐすことは、さけるべきまたマッサージは毎日しないほうがいい

■筋肉痛は丹念にマッサージしたらダメ!

マッサージを繰り返すことは運動していると同じであってマッサージ疲れが起こります

疲労回復をマッサージに頼りすぎると疲労回復能力が低下していく

■マッサージ依存症

マッサージをしないと疲労が回復できない体になってしまう

だいたいマッサージは週に1回程度

週に2〜3回マッサージに行かなければ疲れが取れないのは一種の依存症だといえるでしょう。

マッサージ方法を間違えると筋繊維を痛めてしまいます

一箇所につき約15分、全身なら約40分以内がいいでしょう。

筋肉痛の場合は、押さずに入浴時になでるようにもむ程度にしておきましょう


ストレッチの役割

〃豺圓鬚茲し、筋肉の温度をあげる

固まった筋肉をやわらかくする

4慇瓩硫墜旭茲鮃げる

普段の生活に気をつけないと右と左の筋肉がアンバランスになる。


二頭筋 外腹斜筋

三角筋

大腿二頭筋

究極のストレッチ

息を吸いながら体をそらす
呼吸を止めて5秒間静止
一気に息を吐いて力を抜く



静止状態が長く続けば筋肉のバランスは回復

毎日5回以上はやりましょう

ストレッチなどでバランスのよい筋肉を維持すれば

体の老化を防げる


火事場の馬鹿力はスポーツでよく使われているよね

重量挙げとか大声をあげるとか砲丸投げもそうですね

プロテインは痩せる食品というより

筋肉のための栄養素たんぱく質がたくさんはいっている食品なのです

寝違がいとは、

無理な姿勢で寝ることで首の筋肉に負担がかかり、

緊張状態が続いて血行が悪くなり、うっ血した状態

寝違いになったときは、揉み解したりすると収縮している

筋繊維を痛めてしまう危険性があるので自己回復力に任せ

安静にしておくのがよい。


NEW健康習慣 ストレッチャー(スケール付き) 【ストレッチボード】

NEW健康習慣 ストレッチャー(
スケール付き) 【ストレッチ…

¥3,300(税込)

「NEW健康習慣 ストレッチャー(スケール付き)」は、ボードの上に足を乗せてお尻が出ない姿勢を保つ事により、日常生活では使われにくい身体の後ろの筋肉をのばせるストレッチボードです。凝り固まった筋肉をほぐし、気分もスッキリさせます。スケール付なので、使用後どれだ…

拡大画像を見る