●本当に乾燥・敏感肌などの原因が「紫外線」「空気の乾燥」「エアコン」「睡眠不足」なのか?

敏感肌とは、アトピー体質やアレルギー体質などの先天的な要因や、体調、季節の変わり目やストレス、

疲労などの環境要因によって持続的または一時的に敏感になる肌と考えられ、

最近の研究で乾燥肌の方は細胞間脂質であるセラミドが不足していることが、分かってきました。

肌は日頃から、気温の変化や空気の乾燥、ほこり、雑菌、紫外線など様々な刺激に晒されており、

肌が乾燥とかしていると刺激を防ぐバリア機能の皮脂膜が不足しているのでちょっとの刺激で、すぐに反応してしまうのが敏感肌の特徴です。

敏感肌の主な特徴には、かさつき、肌荒れ、ニキビ、吹き出物、ブツブツ、突然のかゆみ、赤み、ヒリヒリなどがあります。

●敏感肌の疑いチェック

・睡眠不足や生理のときなど、肌がざらついたりブツブツができることがある

・周りの人に比べて、少しの紫外線でも肌トラブルを起こしやすい(紫外線敏感肌)

・化粧品で肌にアレルギー症状が出たことがある(化粧品NG)(アレルギー肌)

・ニキビ・吹き出物のようなブツブツができやすい(アクネ肌)

・Tゾーンや鼻の脇などを中心に、湿疹ができやすかったり、刺激を感じる

・かさつきやすく、ひりついたり、赤くなったり、刺激を感じやすい

・肌が乾燥し肌荒れしやすく、かゆみをかんじやすい。また、過去にアトピー性皮膚炎であった。(アトピー素因肌)

・現在、肌に炎症をおこしている




●実は、敏感肌っていう肌は存在しない!?

季節の変わり目、春先は「なんとなく肌が不調」「いつもと変わらない生活なのに肌が荒れやすい」という声が増えます。

化粧品を探す時に、「敏感肌用」という文字に目がいったりしますねでも敏感肌って肌質ではなく、

あくまでも肌の状態をさしているイメージみたいな表現の仕方で、敏感肌っていう肌は、ないんです。


●「不快感を感じること」といえば?

冬は化繊のマフラーやセーターなどが肌に影響を与える、

夏は天日干しでゴワゴワになったバスタオル、衣類の首もとに付いたタグ、

ジーンズなどからだのラインが出る衣類などを身につけたときに肌が不快に感じるなどがある。

●敏感肌の仕組み

皮膚にはもともと、外からの刺激を防御するバリアをする働きがあり、

皮膚表面の角質層が外からの異物をシャットアウトしたり、皮膚をおおっている弱酸性の皮脂膜が、細菌の繁殖を抑えたりしているのです。

ところが、肌の乾燥が進行すると、角質層がめくれ上がり、バリアをする働きが低くなります

乾燥を放っておくと、外からの刺激に弱いデリケートな状態になるのです。

間違ったスキンケアや乾燥、不規則な生活、ストレス、偏った食事、ダイエット、夜更かしなど、日常のちょっとしたことでバリア機能はどんどん低下してしまいます。

その結果、刺激に過剰に反応してしまう敏感な肌になってしまうのです。



●アトピー性皮膚炎
とは、

アトピー素因をもった人に慢性的に強いかゆみが発症する湿疹のことをいいます。

アトピー素因は遺伝でもつことが多く、親のどちらかがアトピー素因を持っている場合は約60%の確立で発症するようです。

バリア破壊が引きおこす最たる症状で皮膚の炎症を簡単に引き起こしてしまう超バリアレス状態である。


肌の角質層表面状態チェック

用意する物:セロテープ、下敷き、虫眼鏡。

敏感肌チェック
外的要因 冬は暖房の効いた中にいることが多い。
下着の痕がつきやすい
お風呂でゴシゴシ洗う
化粧品によるもの
内的要因 夜更かしをしがちだ
最近人付き合いでストレスを感じやすい








●改善方法とは?

過剰な洗顔は敏感肌の原因
になります。
クレンジングは、オイルよりもミルクやクリームタイプを使うのもおすすめ。肌に優しく汚れも十分落ちます。

洗顔料は保湿成分リッチなもの、化粧水は肌に優しい成分で、なるべく敏感肌用に処方されたものを選ぶといいでしょう。

さらに美容液、乳液、クリームなどで潤いを補うときは、手のひら全体を使って肌表面を軽く押さえると浸透しやすいですよ。

■ボディケア

入浴時には、脱脂力の強いアルカリ性の石鹸の使用は避ける

ボディソープはしっかりと泡立てて使い、保湿成分配合の入浴剤を使うのもひとつ。

お風呂あがりには、乳液やクリームなどで油分を補うことを忘れないようにしてください。

部屋着や下着など、肌が直接触れるインナーはなるべく天然素材(コットン製)のものを使いましょう。

■食生活

食生活も大いに関係します。栄養のバランスを考えて摂取することが大切です。

ビタミンA(かぼちゃ、ウナギ)やビタミンB2、B6(秋刀魚、マグロ、舞茸)カルシウムなどのビタミンやミネラルを多く含む食材。

さらに大豆製品やポリフェノールを含む食材(ブルベリー、緑茶、赤ワイン、チョコレート) なども努めて摂ること。ヨーグルトはお腹の調子を整えてくれます。

●さいごに

お肌本来の回復力(自然治癒力)や生理機能を高めるようにお肌の環境を

整えるケアを毎日積み重ねていくことが必要だと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料(300mL)【kao1610T】【ビオレU(ビオレユー)】
価格:648円(税込、送料別) (2017/6/4時点)


TOPに戻る
このページを閉じる

当ページ内に使用している画像等は、個人使用の目的で作られたものです。
当サイトを利用して発生したいかなる問題についても当方は一切の責任を負いません
クリックのご協力よろしくお願いいたします。
訂正箇所があれば、メールお願い致します。

copyright(c) since2000 naoの知ったかぶり健康ランド. all rights reserved.