[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪26日19:00〜新色追加!≫【超目玉セール!限定Price×送料無料】★★★UVカット 綿混スラブ素材 選べる2丈〜指穴ジップパーカー ☆ UV 紫外線 フード 指穴 ミディアム丈 ロング丈 指穴 パーカー レディース Pierrot 【返品不可】 (※メール便配送のため代引は不可)
価格:1490円(税込、送料無料) (2017/6/5時点)


紫外線対策とは?

●紫外線をたった3分浴びただけで
活性酸素が生まれ肌の老化がはじまってしまう!?

日光浴をすると血液の循環が良くなり体内でビタミンDが合成され日光浴が健康に良いというイメージでした。

光老化現象やオゾン層の現象のため紫外線対策をするのが一般的。

光老化現象とは、
紫外線を浴びすぎるとメラノサイト(メラニン色素)が活性化し暴走し
その結果シミができる。

また、UVAが真皮まで侵入し弾力繊維(皮膚の土台)が破壊されシワの原因になる。

また紫外線は肌だけではなく、体内まで入り込むらしい。

そういうこともあるんで、紫外線を防ぐにはなるべく衣類の着用したほうがいいということがわかる。もっとも紫外線を防ぐ好都合な衣料素材は、存在してます。


実は、肌を包むものとして最高の天然素材シルクだった!?

紫外線を完璧に防ぐ方法として、
全身にUVカットのローションをくまなく塗布して、

UVカットブラウス、
UVカットパンツ、
帽子、
サングラス、
マスク、
UVカットショール、
手袋、
日傘など

これだけすると、完璧な紫外線対策といえる。

・しっかりした生地の衣服を着る

・つばの広い帽子やサングラスや日傘を利用する

・紫外線の一番強い正午前後の外出を避ける

・日焼け止めクリームを上手に使う

日焼け止めクリームには、子供用・大人用の物、日常生活用、耐水用、長時間用などいろいろあり、目的に合わせて使い分けしたほうがいいだろう。

AM10~PM2時が一番紫外線が多く紫外線を浴びているので注意。

サングラスは、レンズが紫外線対策されてても小さく細い物は避けるべきフレームが大きくてレンズの色は薄い物を選ぶようにしましょう。
目からくる紫外線は、結構あり日焼けの原因に結びつくので、調べておきましょう。

帽子は、黒色は、熱がこもる為、無理は禁物。

服も日傘も白より黒いほうが紫外線をとおしにくいのでおすすめ。

※過剰に言っていますが、暑い時は、半袖だし顔もマスクやサングラスなんてするなんてまじめ人間じゃないとできません。
日焼けしたら十分なケアをすればいいこと。

●食生活で肌をよみがえらせる。
紫外線をあびた野菜摂取
・主な食材
なす→視神経の働きを正常。ブロッコリー→免疫機能UP。  
枝豆→細胞のガンかを抑制。
海の家で食べられるものとして焼きとうもろこしや焼きイカは、おすすめ。ビタミンB6(いわし)とビタミンCを合わせるのも良い。

●チロシナーゼ活性化。わずかな紫外線でもシミや黒ずみ。

活性酸素が発生すると→チロシナーゼが活発に働き出しシミや黒ずみの原因となるメラニン色素を必要以上に作り出す!

例えば
マシュマロを切って置いたものを
放っておくと黒く変色してしまう働きこそそれこそチロシナーゼの働き
で簡単に言えば肌の中でも同じ(黒く変色してしまう)現象が起こっていることになる。

過去にたっぷり日焼けをしたことある人は、とても要注意。

肌の老化を抑えて美白になるためには紫外線をカットするしかない。

大事なことは、
活性酸素チロシナーゼを抑えて肌に十分な水分を補うことである。

※まったく日焼けしないとこれまたビタミンDが少ないということで免疫力低下もなることもあり10分~20分の外出は、すすめる。
毎日ベランダに出ているのであれば、問題なし。

★まとめ★

美白の三原則

①紫外線をカットする

②活性酸素チロシナーゼを抑える

③肌の保湿

そもそも紫外線って何?
紫外線というのは、

太陽光線の中で波長が短く、エネルギーの

高い光の事を言います。

要するに、日焼けの元ですね。

よく耳にする「UV」というのは「Ultraviolet ray」の略で

紫外線の事を指しています。

紫外線の作用には血行の循環を良くしたり、

骨の発育に大事なビタミンDの合成や蓄積があります。

皮膚に炎症反応を起こす

リンパ球の増殖を抑える働きもあるので、

アトピー性皮膚炎の

治療にも用いられているそうです。

昔は、骨の病気のひとつである、

くる病の予防ということもあって、

日光浴が勧められていましたが、最近の知見では、

1日に必要とされるビタミンDが作られるには、

1日15分間腕や顔に、

紫外線をあびるだけで十分とされているようです。

木製まな板の消毒や殺菌も天日干しが良いですし、

布団を日に当てたり、

日光浴をしたりするのは気持ちのいいものですね。

ですが、紫外線を過度にあびすぎると、

逆に人体に悪影響を及ぼすことが多々あります。

皮膚の老化(しみ・しわの原因)

皮膚ガン、白内障など、特に女性にとっては、

頭痛の種になってしまいます。

日焼けしてから、ローションなどで肌の手入れをすることは、

日焼けの痛みには効果がありますが、

残念ながらDNAについた傷は戻りません。

健康への悪影響予防の為には、まず紫外線の

浴びすぎを、防止することが重要です。

★一日紫外線をあびると
・血液中のNK細胞が減少する。

 (ガン細胞などと戦う大事な細胞)

→免疫力の低下・ランゲルハンス細胞が減少する。

(皮膚表面の細胞)

これらが回復するのに2週間かかる。

活性酸素(体を老化させる)が

引き起こすのも光老化の一種である。

活性酸素が暴れると、

視力低下や白内障にもなる。

(一度濁った水晶体は二度ともとにもどらない。)

紫外線をあび続けると

悪性のホクロができ皮膚ガンになり、

骨や内臓にまで届く可能性もある。


シルクは、肌の万能薬

シルクは肌に塗ってよし食べてよし肌の万能薬??

石川県白峰村白山工房など

シルクの製糸工場で働くほとんどの女性の手は白くてしっとりしている??

シルクは蚕が吐き出した繭の糸、

動物性のタンパク質の繊維ですから人間の肌に非常に近いのです。

製糸工場を訪ねて、

繭玉から絹糸を作っている女性の手を見ると全員白くて綺麗なのです。

繭の糸は「セリシン」と「フィブロン」で構成されています。

「フィブロン」はシルクを繊維として用いる時に使用します。

シルクパウダーと呼ばれるのも「フィブロン」です。

「セリシン」は、

水や湯、

アルカリによって溶ける性質をもっている18種類のアミノ酸で構成されています。

シルクが紫外線をカットするのは

シルクを構成しているアミノ酸などが

紫外線を吸収する働きがあるシルクに含まれるアミノ酸などが紫外線から肌を守ることがわかった。

マグロの刺身を綿とシルク、

何も包まないで丸一日実験したところシルクで包んだマグロは、

色も味も落ちることなくこともなかった、

このことから分かるようにマグロの変色は活性酸素が原因!

つまりシルクがもっとも活性酸素をおさえていた!


シルクに含まれる

セリシンという蛋白質(たんぱくしつ)には強い抗酸化作用があり

抗酸化物質としては

ビタミンCが知られているがセリシンはビタミンCよりもさらに優れている!

セリシンとは絹糸の周りをぬっている蛋白質の一種で、

セリシンにはビタミンCの3.8倍のも活性酸素の抑える力がある!

シルクのセリシンという蛋白質はメラニン色素を作り出し、

チロシナーゼを阻害する働きがある

よって→セリシン(シルク蛋白質)はチロシナーゼも抑える

コラーゲンを塗るよりシルクを塗ったほうが保湿力がアップする??

実は、シルクを肌に塗ると

保湿に優れた膜を形成して水分の蒸発を防いで肌の潤いを保つ働きがある。

保湿効果の高いコラーゲンとシルクを、

それぞれ浸したコットンを頬に張り付けて1時間後に肌の水分量

を計ってみると・・・

■コラーゲン/42.8%

■シルク/50.7%

シルクの保湿力が高い事が証明されました。

セリシンの働きとは?
1)保湿効果

2)抗酸化機能

3)紫外線防止

4)抗菌・鎮痛効果

5)遠赤機能

シルクは汚れを落とす??

シルクの成分→タンパク質

肌にとって最もやさしい素材

実は、

絹独特の繊維の形は

汚れを落とすのに効果的がある。

試してみよう!



シルクはニオイを消す??

シルクは、→消臭効果という働きもあり、

ある計測器で

2週間臭いのする靴の中にシルクを入れて臭い靴下を測定したところ

やはり最初は500以上で不快に感じて

400~500になると

やや不快に感じるまで落ち300~400で不快に感じないまでいき

300以下になるとようやくニオイを感じなくなる。

2週間後にニオイセンサーで計測すると、

新品の靴と同等の数値になることがわかった。

ようするに

シルクの繊維の中には

たくさんの穴が存在するその穴に臭いを吸収してしまい

臭くなくなるということだ。



美白効果抜群!シルク化粧水の作り方

■材料

マユ玉20個

グリセリン少々

精製水500cc

マユ玉が手に入らなかったらシルクパウダー(セリシン入り)5g

■作り方

・マユをカットして中の蚕を捨てる

・マユ玉をキレイに水洗いする

・精製水(500cc)を火にかけ

・マユ玉(20個)を加える

・弱火で途中かき混ぜながら40分程煮込む

・40分程で火から離して冷やす

・冷えたらマユを絞る

・保存できる容器に移す

・グリセリンを少し加える

・精製水(500cc)とシルクパウダー(5g)を合わせ

・弱火で10分ほど煮込む

・冷えてからグリセリンを少し加え出来上がり

・出来上がった化粧水は、冷蔵庫で保存 2週間以内に使い切るか小分けにして冷凍保存

・シルクには食物繊維と同じような効果があるシルクを食べると腸の働きが良くなり肌の新陳代謝が上がる

・普通のシルクの10倍黄緑色をしているササマユがある

・黄緑色にフラボノールという色素で強い抗酸化力があるため肌を美白にしてくれます

・蚕のえさ桑の葉のフラボノール+シルクタンパク質

ササマユ15個

精製水800cc

40分弱火で煮込む

※ササマユは成分が強いため必ずパッチテストを行ってからお使いください

TOPに戻る
このページを閉じる

当ページ内に使用している画像等は、個人使用の目的で作られたものです。
当サイトを利用して発生したいかなる問題についても当方は一切の責任を負いません
クリックのご協力よろしくお願いいたします。
訂正箇所があれば、メールお願い致します。

copyright(c) since2000 naoの知ったかぶり健康ランド. all rights reserved.